方法は主に3つ、余ったギフト券を売却する上手な手段

財布からあふれるお金

Amazonギフト券を買取してもらう3つの方法

Amazonギフト券はコンビニなどで気軽に購入できるのが魅力です。しかし、手元に余ってしまったギフト券や、有効期限が間近のギフト券もあるのではないでしょうか。もし使う予定がないのであれば、買取してもらうと良いでしょう。売却する方法は主に3つあります。

金券ショップで売る

お店の外観
ギフト券と聞くと、多くの方が金券ショップを思い浮かべるかもしれません。駅前や街中にある金券ショップでAmazonのギフト券を買い取ってもらえることがあります。
最近では買取専用のホームページを立ち上げているショップや業者も多く、外出せずにお手軽に現金化ができる時代と言えるでしょう。
そういった手軽さを売りにしている業者の中で、最近評判が良いのは買取ボブと言う業者です。


買い取ってもらえない場合も

ただし、金券ショップはデメリットも多く、買い取ってもらえない可能性もあるので注意しましょう。買い取り対象の券種が限られており、売れないギフト券の種類もあるためほか、買い取り自体を行っていない場合もあるのです。

また、ほとんどの金券ショップはカードタイプしか売却できませんので、他のギフト券を売却したい時は別の方法を利用することになります。

オークションに出品する

オークションの木槌
もう一つの方法が、ネットオークションに出品して売却する方法です。普段から出品している方なら、特に利用しやすい方法と言えるでしょう。落札価格を自由に設定できることもオークションの魅力です。特にAmazonを利用している方は多いため、出品価格次第ではすぐ落札される可能性もあります。


売れるとは限らない

ただし、必ずしも落札されるとは限りません。結局は出品価格によりますので、高値で売りたい方には向いていない方法と言えます。また、一方的なキャンセルや未入金などのトラブルがあるほか、引渡しまでに有効期限が切れてしまう可能性もあります。こうしたトラブルに対処できる場合のみ、オークションを利用するのが賢明です。

専門の業者を利用する

Amazonギフト券を売却するなら、専門業者を利用する方法もあります。カードタイプ以外のギフト券種を買取してもらえるのが最大のメリットです。また、換金率も高く、金券ショップやオークションよりも高値で売れる場合があります。

デメリットは少ない

専門業者はメリットが多い一方、デメリットはほとんどありません。ギフト券番号収集を目的にした悪質な業者が潜んでいたり、換金率が業者ごとに異なる欠点はありますが、オークションのようなトラブルを気にせずに済むのが魅力です。

専門業者が手軽に売れる

売却方法で悩んだら、専門の業者に買い取ってもらうのが良いでしょう。他の売却する方法もありますが、換金率などを考慮すると、業者の利用が一番適していると言えます。

  ≪ 前の記事: を読む  

更新情報

参照数の多いページ

最近の投稿

△PAGE TOP

Copyright © 2017 方法は主に3つ、余ったギフト券を売却する上手な手段 All Rights Reserved.